So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

ウロボロス5話を原作と比較!! [ウロボロス 比較]

ドラマ『ウロボロス』と漫画『ウロボロス』って結構違いがあるんですよ?

それについて議論しようと思います!!



ウロボロス5話が収録されている単行本

ドラマ『ウロボロス』5話は漫画のどの話に該当するかを調べました。

その結果、

・7巻の56と57話
・9巻の1と2話
・10巻の6話

でした。


9巻からは『ウロボロス』は月刊誌に連載されるようになり、

第二部として始まりました。

第一部と第二部には、漫画の世界で2年の年月が経っています。



月刊誌になったため、1巻あたりの話が少なくなりました。

1話あたりのボリュームが増えました。



ウロボロス5話を比較

7巻56と57話は、竜哉がゼロに見つかったところです。

ウロボロスネタバレ 公安ゼロとは?

これは、ドラマのほうでも同じですね♪



漫画と違うところは、

・会社名が『アルカナ』であること
・金時計の男もゼロと一緒にいたこと
・会社の中で、竜哉が撃たれたこと
・左肩に撃たれたこと

でした。

なんで、会社名を変えてたのでしょうかね?

まぁ深い意味はないと思いますが...




それにしても、右足と左肩を撃たれるのって全然違いますよね?

右足撃たれたほうがシリアスになるからでしょうか?




8巻はドラマには全くでてきません。

まぁこれは放送できない内容ですからね...

『裏サロン』といえば通じますかね?




9巻の1と2話は、北川警視総監が狙撃されたところです。

漫画と違うところは、

・記者会見中に、聖副総監に北川が狙撃されたことを告げたこと
・聖が常にくるみをもっていること
・国民に今の警察についての世間調査をしたこと
・聖に「副将軍」という異名があること
・イクオが謹慎を受けていたこと

が簡単に説明できるところです。



ドラマでは、山城会が警察にはめられていましたね♪

漫画でもはめられましたが、

この世の中で一番汚いのは、お前ら警察だ!!

というシーンは、山城会のメンバーが言っていません。

全く別の事件で、言われた言葉です。

そして、美月も人質になっていません。

あのシーンはいろいろなものを混ぜた印象があります。



10話の6話は、山城会会長が死んでいたところです。

漫画と違うところは、

・山城会のメンバー8名が死亡していたこと
・一酸化炭素による窒息死だったこと
・イクオが山城会のメンバーを撃っていないこと
・イクオが日比野監察官と聖副総監に会う場所が食堂であること

でした。


詳しいところでいろいろ違う部分がありますが、

だいたいこんな感じです。



ただ、月刊誌になったことで1話あたりが長いので、

同じ話の中にある事柄でもドラマでは省かれたところもあります。



5話で10巻まで突入しているので、『金時計の男』までたどり着きそうですね♪

ただ、だいぶ違うので、漫画が好きな人にとっては嫌かもしれません。



ちなみに、漫画のほうではまだ美月はイクオのことを疑っていません!!

これが一番違うと思います。



それでは、6話の違いも放送され次第書いていきます!!

ウロボロス6話を原作と比較!!





記事一覧

ウロボロス ネタバレ一覧
ウロボロス 副音声一覧
ウロボロス 感想一覧
ウロボロス キャスト一覧
ウロボロス ロケ地一覧
ウロボロス 衣装一覧
ウロボロス 視聴率一覧
ウロボロス 歌一覧
ウロボロス その他一覧
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。